本屋大賞実行委員会スタッフからの投稿が始まります

10

コメント:2件

ときラボメンバーのみなさん、こんにちは。

 

みなさん、『本屋大賞』はご存知ですか?

 本屋さんに行かれる方や本を読まれる方は聞いたことあるかもしれませんね。

 

本屋大賞とは、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員さんたちが読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票し、選ばれる賞で、毎年4月上旬に大賞に選ばれた1冊が発表になります。

 

NOLTY・PAGEMを発行するJMAMでは、手帳販売の大切なパートナーである書店を盛り上げたいという想いから『本屋大賞』を協賛・応援しています。 


 

去年の大賞は、逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)です。



実はときラボでは、本屋大賞を受賞された逢坂冬馬さんの「時間〈とき〉デザイン」をインタビューさせていただき、掲載しています!

 

 

 

▼記事は以下をクリックorタップ▼

 

【小説家 逢坂冬馬さん】 本業作家、副業会社員。会社員として視野を広げながら、好きを追求し続けた時間の先にあったもの。




本と「時間〈とき〉デザイン」は、とても親和性が高いと感じているため、今月から毎月2回程度、本屋大賞実行委員会のスタッフさんから、時間〈とき〉をデザインするためのヒントとなる本のご紹介が始まります。


ぜひお楽しみに!



KEYWORD

10 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

本屋さん、大好きです😃

本のタイトルとか、帯、手書きポップを見るのも大好き(*^▽^*)

紹介記事、楽しみです(o≧▽≦)ノ✨

返信する
2022.12.09

ありがとうございます✨

ときラボが新しい本との出会いの場になれればと思います😊

返信する
2022.12.13