・スマホに専用アプリを入れて印刷。機械本体からの操作はできない。

inspic、何年も前から購入を悩んで情報を集めていたのですが、なかなか思う情報がネットに転がっていなかったので。

私が欲しかった情報を、メモっておきます。過去のわたしと似た誰かに届け~。



・出来上がりサイズは 50mm x 76mm 。


・photopaper1枚あたりの単価はだいたい40円前後(1パックの容量やショッブ割引による)。


・厚みはDPEショップやコンビニでプリントしてもらった写真の半分(二枚剥がし)くらいのイメージ。手帳十ページに1枚くらいの割合で貼るならあまり影響はない? ページのおなじ場所に重なる貼り方だとあっというまに段差になりそう。


・1枚のカードに複数枚の写真を入れるコラージュモード、選んだ写真を縮小して分割してくれるのを期待していたらそうではなく、原寸大の写真の一部を切り取り組み合わせて1枚にするものだった。切り取る場所の指定もできない。自由度が低いので、加工は自分で(PCやほかのアプリで)やった方がいい。


・画質は特別良いわけではないけれど、家庭プリンタだと粒子が粗かったり印字ヘッドの帯が目立ったりするので(手持ちによる)、それらに比べるとはるかに『写真』らしい仕上がりになる。



手持ちのPC用プリンタが高画質対応で、PCのスペックも高くて作業がスイスイできる家庭だとコスパが悪いかもしれません。

でも、我が家の環境では、とても良い買い物でした!




7 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

凄くいい情報です❤️

続編も期待しております🎵

返信する
2022.07.19

ぽにょ さん、コメントありがとうございます!

使いこなして続編をあげられるよう頑張ります💕

返信する
2022.07.20

参考になりました😘ありがとうございます

返信する
2022.07.20

さくら🌸 さん、コメントありがとうございます!

お役に立てたなら幸いです✨

返信する
2022.07.20