こんにちは、手帳はうすかるです。事務局ではないNOLTYの人です。


年に一度(たくさんある)

二年に一度(ありそうであまりない?)

三年に一度(中学や高校の入学・卒業)

四年に一度(オリンピックやW杯)

色々あれど

七年に一度 というものはなかなか思い浮かばないのではないでしょうか。


コロナで一年遅れましたが、今回無事開催された善光寺ご開帳は、「七年に一度」行われます。私は、記憶が正しければ今回で4回連続訪れており、、、いまさら行かない選択肢がない状態になっています。

写真は2009年と2015年の記録です。2009年は4月は2回も野球を見に行っていました笑。2015年は名古屋に住んでいて、中部エリアの善光寺にもお参りしました。小さい回向柱もなかなか良かったです。


御開帳の前後にわりと大きな転機が訪れているという実感があり、私にとってはひとつの節目として「そういえば次のご開帳はいつだっけ?」とたまに思い浮かべる不思議なサイクルになっています。

幼い頃家族旅行で何度も訪れた信州、善光寺を訪れるという郷愁あふれる気分を味わい、少し昔の自分を思い出す貴重な瞬間でもあります。



無事お参りでき、普段御朱印は普段いただかないのですが、直筆の長蛇の列を避けちょっとだけ並んで紙の御朱印をいただきました。

その後平安堂新長野店様で御書印をいただきました。島崎藤村の著作に平安堂の屋号のいわれが著されているそうです。

この丁寧な達筆も心に響き、書店員さんの一筆入魂を求め御書印の旅を続ける大きなモチベーションとなりました。


七年に一度、という絶妙な間隔の面白さを感じた参拝でした。

5 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

手帳はうすかるさん


七年に一度の振り返り、というのでしょうか、絶妙な期間ですね。

日常に流されるので、振り返るタイミングを多く作っていますが、七年というのはなかなか考えつかなかったです。

御書印を集めていらっしゃるのですね。いいアイデアだなと思っていましたが、旅行のきっかけにもなって楽しいですね。

2022.06.25

ヒルマさん

コメントありがとうございます。

そうなんです、どこか旅行を計画すると、「近くに御書印やってるとこないかなー?」って確認するようになりました!楽しいです!

2022.06.27