6月になりました。


私は「マンスリーと保存版メモ&バーチカル」の母艦手帳+「デイリータスクと何でもメモ」のサブ手帳という2冊構成で手帳を運営しています。


年明けからサブ手帳として、市販の1日1ページ手帳を使用していたのですが、「2日1ページの方が私に合っているのでは?」と思ったのが5月の半ば。

既に別冊何でもノートとして途中まで使用していたNolty補充用ノートの余り部分に好みのレイアウトを自作して、試し運用してみたのです。

すると予想通り、ばっちりでした。

項目構成も、配置も、持ち歩き性能も、いままで使っていたよりいいぞ。

そうして6月以降もサブ手帳はNolty補充ノートに自作したやつで決定しました。1年分の市販ノート、半年以上残っているけど、よりフィットする方式があると知っていて我慢するのは人生の無駄です。


……というのが私のポリシーなので、そうするのですけど。ポリシーというかただの我が儘なのですけど。


振り返れば2022年の手帳は。

・昨年秋、「ほぼ日手帳オリジナルavec」を準備(この時点では一冊運用のつもりだった)

・作年冬、「ほぼ日デイフリーA6」をカスタマイズしてメイン手帳とし、用意済みのavecはバラしてサブ手帳として運用することに変更(時間〈とき〉ラボに参加したのはこの時点)

・年末に気が変わり、メイン手帳として「ほぼ日ノートA6」をカスタマイズし直し。一度完全カスタマイズしたデイフリーは破棄対象。

・年が明けて3月半ば、手帳サイズをA6→B6に変更。メイン手帳を「Nolty notebook B6方眼」、サブ手帳を「フランクリン・プランナー・オーガナイザーB6」に変更。A6手帳はすべて破棄対象。

・サブ手帳を「Nolty補充用ノート」に変更、フランクリンは破棄対象 ←Now!!


……ものすごく地球(とお財布)に優しくない……。


いままでも年度半ばで手帳を変えることがなかったわけではないですが、数年に一度、年内に1回、みたいなペースだったんですよね。

今年は自分でもどうかしている。


せいぜい今年を試行錯誤の年として、いいかげん落ち着きたいものです。



9 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

ヨルカさんの遍歴、毎回楽しみにしていましたー(特に最初はカバーの進化が楽しくて)!

NOLTY補充ノートに落ち着いていただくというウルトラCありがとうございます!

今後も楽しみにしています~^^

2022.06.01

手帳はうすかる さん、コメントありがとうございます!

Noltyの……Noltyの紙が心地よすぎて……気を抜くとクシャクシャになるほど薄くなく、筆圧をかけると凹むほど厚くなく、インクの乾きがよくて滲みや裏移りの心配もないNoltyの紙を味わったら他の手帳を手が拒否するようになってしまいました……

手帳カバーの変遷もご笑覧いただけて嬉しいです。最新版は機能も手触りも外見も超お気に入りなのですが、「1.6mm厚の革って嵩張るよね」という悪魔の囁きが時折聞こえます。頑張って聞こえないふりをしておりますが。

2022.06.01

1.6mmの革…確かに厚いですね…

けれど銀面がしっかりした良い革のような気がします^^


NOLTY用紙気に入っていただけて本当にありがたいです!

これからも高い品質を維持できるように努めます!

2022.06.06

ヨルカさん、こんにちは!

事務局のたかはしです。

遍歴、教えていただき、ありがとうございます!

自分がいかに心地よく使いやすいか、常に追求されている姿勢が刺激になります!


手帳サイズをA6→B6に変更されたのは、なにかきっかけがあったのでしょうか・・・?

(個人的に気になってしまい、すみません)


あと・・・・「Nolty notebook」沼へ、ようこそ〜!

使い心地の良さや手触りに気づいてしまうと、なかなか抜け出せないですよね!ふふふ。

うれしいです☆

2022.06.07

時間〈とき〉ラボ運営事務局 たかはし様、コメントありがとうございます!


A6→B6の理由ですが、私は去年まで1/3B5サイズの「ほぼ日weeks」ユーザーだったのです。そのサイズが愛用のスマホケース兼用ウォレットショルダーにぴったりだったので。ただ、「ほぼ日weeks」はいわゆるレフト式で、右側をうまく使いこなせなかったのです。それでメモページが大量の「ほぼ日weeksMEGA」に変えてメモページに線を引いて自作1日1ページ手帳に作り替えたのですが、使わないレフトページが目障りで……それなら通常のほぼ日オリジナルでいいじゃん!A6は1/3B5より幅広だけど許容範囲でしょ!というわけでA6に乗り換えたのが今年からだったのですが。

A6、マンスリー部分が小さくて。ぎりぎり詰め込んで書いても余白がなくて読みにくくて。

そこに新年度から仕事が増えて、マンスリーに書き込まないといけないことが増えてバーストしました……もうA6はイヤだ!サイズアップする!でも汎用性のない独自スリムもイヤだ!となったらB6にするしかないよね1/3B5と高さは同じだから勝手もわかってるし幅は2/3倍だけど!!


……という次第でして、つまり「A6→B6」というよりは「1/3B5→(一瞬A6→)B6」というのが正しい変遷でした……。


Noltyの紙は本当に素晴らしいです。3.5mm方眼も使いやすいです。

ところで、どうしてB6エクリメモはノートページに一週間の割り振りが決まっちゃってるのでしょう?

ミニサイズの能率手帳にはマンスリーカレンダーと大量のノートのみのタイプもありますよね。

B6でもあれが欲しいです!!!



2022.06.08

余談。

現在、まっさらのNoltynotebookに自分で線をひいて手帳化しているので、来年以降ちょっとでも作業量を減らしたく……エクリメモでマンスリーカレンダーだけでも市販に任せられたらといろいろ考えたのですが。

エクリメモの下の欄を自分でレイアウトして必要な項目を嵌め込むにはどうしたらいいか、いろいろ試行錯誤してみて(サンプル写真のマス目を数えて現行の配分を試しました←偏執的)

……あ、これ全然作業量減ってないわ。と諦めました……。

2022.06.08

こんにちは、事務局のこばやしです💡

NOLTYの紙をお褒めいただきありがとうございます!3.5mm方眼も絶妙なサイズ感ですよね👍

エクリメモに一週間の割り振りがあるのは、予定を把握しながらメモがたっぷり書ける、ということを目的として開発されています✨

たしかに、B6サイズでマンスリー+たっぷりメモページのタイプはないので、企画担当者にも共有させていただきます🙇‍♂️

2022.06.09