Bindexから時間〈とき〉をデザインする新リフィールが登場!

23

コメント:5件

1949年、生産現場のコンサルティング活動を行っていた日本能率協会が、「時間もまた資源である」という考えのもと、戦後まもない日本で初めて“時間目盛り”を採用した手帳として「能率手帳」を発行しました。その後、人材育成支援事業、手帳事業、出版事業等の事業部門を集約し、1991年に日本能率協会から分離独立する形で㈱日本能率協会マネジメントセンター(略称:JMAM)が設立されました。


「JMAM手帳を知る」では、手帳づくりの舞台裏を垣間見たり、歴史を振り返ったり…。社員すら知らない!?情報も盛り込みながらJMAMが手がけてきた手帳のあれこれを毎回いろんな角度からお伝えしていきます。


今回は、2024年春に登場したシステム手帳「Bindex」の新商品についてご紹介します。

 


2024年4月に、Bindexから新たに紙製リフィールが10種類登場しました。これまでのリフィールと一風変わったレイアウトや、フレキシブルに使える分冊タイプの商品などなど、新商品にはいったいどんな想いが込められているのか、企画を担当した社員に取材してきました!


それぞれの商品の特徴や記入例もご紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてください。


▼オンラインショップ「JMAM e ショップ」で新リフィールをチェック!



システム手帳をより便利に、楽しく使って欲しい


今回取材したのは、企画開発部に所属する望月です。これまで、NOLTYやBindexの企画に長く携わっており、本人もシステム手帳歴約20年のヘビーユーザーです。今回の新リフィールの開発にあたっては、ときラボでユーザーインタビューをしたり、販売店を取材して市場調査を重ねたとのことです!


―――今回の新商品の開発にはどんな背景があるのでしょうか?


望月)一昔前まで、システム手帳といえばビジネスマンのアイテムというイメージが強かったと思います。スケジュールやメモ、アイデアをすべて1冊に綴じていくことから、「ビジネスデータバンク」なんて表現されることもありました。



しかし、近年はライフログをはじめ趣味や推し活など、プライベートなことに使う方が増えていて、使用するリフィールの種類も少なく、役割が限定的になっている傾向があります。家に置きっぱなしで、持ち歩かない方も多くいらっしゃると思います。



実際に、ときラボでユーザーインタビューをしてみたり、販売店の方に話を聞いたり、店舗イベントに立ってみて、ユーザー層の変化を実感しました。なかには、「こんな使い方をしているから、こういうレイアウトが欲しい!」といったように、具体的なアイデアをいただくことも増えて来たんです。


そこで、「システム手帳をより便利により楽しく」をコンセプトに、新商品を開発することにしました。



―――今回登場したリフィールは、どんなアイデアから開発されたんでしょうか?


望月)NOLTYでは『時間〈とき〉デザイン』というコンセプトのもと、2024年版手帳では「自分らしい時間〈とき〉を描こう」というメッセージを発信しています。


ユーザーの変化はもちろんですが、“書くことの多様化”もどんどん進んできているいま、時間管理や情報管理に重きを置いた、これまでのBindexのリフィールとは異なった使い方ができるリフィール。いわば、“時間〈とき〉をデザインするためのリフィール”でシステム手帳の使い方の幅が広がったら嬉しいなと思いました。



そこで、近年の流行にもなっているバレットジャーナルやハビットトラッカーといった、綴じ手帳やノートで使われているアイデアを参考に、新商品の開発を行いました。Bindexとしてはこれまでにないレイアウトが完成したと思います。




―――ずばり、どんな方に使っていただきたいですか?


望月)バレットジャーナルを続けている方や、これから実践してみたいと考えている方にはもちろん、似たようなリフィールを自作されている方のシステム手帳ライフがちょっと便利なる。そんな商品だと思います。


また、「書くことがない」「何を書いたらいいかわからない…」と、システム手帳から離れた方や、システム手帳が気になっているけど購入を踏み切れない方にもおすすめのリフィールです。


とはいえ、“書く内容”は自由ですので、型にはまらない予想外の使い方を見つけてくれる人がいたら嬉しいですね。



自分らしい豊かな時間〈とき〉をデザインするリフィール


ここからは、新登場のリフィールをそれぞれご紹介していきます!


夢・目標・ありたい姿

バイブルサイズ[BRF0401]/ミニ6サイズ[PRF0401]


ありたい姿や夢を描くことで動機付けをサポートします。裏面にはアイデアやメモを記入するスペースも。厚口紙製で長期間挟んでいてもヘタレにくいのも特徴です。


習慣づくり

バイブルサイズ[BRF0101]/ミニ6サイズ[PRF0101]


左側のマスに習慣化やルーティン化したいことを書き、ハビットトラッカーのようにチェックするのに便利なレイアウトです。表裏1枚で12項目を管理できます。



やりたいコト100 / 50 

バイブルサイズ[BRF1401]/ミニ6サイズ[PRF1401]


やりたいことや目標を一覧できる2つ折りタイプのレイアウト。バイブルサイズでは「やりたいこと100」、ミニ6サイズでは「やりたいこと50」を展開しています。


方眼スケッチ

バイブルサイズ[BRF1301]/ミニ6サイズ[PRF1301]


2つ折りタイプの3.5mm方眼のレイアウトで、メモ帳として使うも良し、イラストやマインドマップを描いたり使い方は無限大です。



よりフレキシブルに。システム手帳に綴じずに使えるリフィールも登場



背糊型リフィールタイプ



使ったリフィールから剥がしてシステム手帳本体に綴じれるメモパッド仕様で、単体での持ち運びにも便利です。あえて綴じないことで、フレキシブルに使いやすいのが特徴です。


これだけを持ち運んでもバラバラにならず、リングが手にあたるのを気にせず書き込めるので、システム手帳をきれいに使いたい!清書したものだけを残しておきたい!といったように、メモや走り書きでもしっかり書き分けたい方におすすめです。


セクションタイプログ(背糊型)

バイブルサイズ[BRF2101]/ミニ6サイズ[PRF2101]


上部が横罫、下部が方眼となっており、Todoやメモ、イラストやデコレーションなど、さまざまなスタイルに合わせて書き分けが可能です。


週間フリーダイアリー〈バーチカルタイプ〉(背糊型)

バイブルサイズ[BRF2601]/ミニ6サイズ[PRF2601]


見開きで1週間分の24時間を管理できる、日付なしのバーチカルタイプのレイアウトです。必要なときだけ書き込んだり、旅行計画を立てたりとその時々にあわせて使いやすいです。


1日フリーダイアリー(背糊型)

バイブルサイズ[BRF2602]/ミニ6サイズ[PRF2602]


24時間の予定が書き込める、日付なしの1日1ページタイプのレイアウトです。



分冊&アタッチメントタイプ


 


 

分冊&アタッチメントタイプは、持ち運びに便利な分冊と、システム手帳本体に綴じるためのアタッチメントがセットになっています。分冊は薄型軽量で、それ単体をメモ帳として手軽に持ち出すことが可能。アタッチメントには前後のどちらからでも差し込めるので、綴じたい位置や開きたい方向にあわせてカスタイマイズできます。


レイアウトは、やりたいことリストやタスク管理に便利なチェックボックス付きの「タスクリスト」、見開きの左側が日付なしの月間日記欄になっている「月間フリーダイアリー」、上部が横罫で下部が方眼となっている「セクションタイプログ」の3種類です。


タスクリスト(分冊)&アタッチメント

バイブルサイズ[BRF3501]/ミニ6サイズ[PRF3501]


月間フリーダイアリー(分冊)&アタッチメント 

バイブルサイズ[BRF3601]/ミニ6サイズ[PRF3601]


セクションタイプログ(分冊)&アタッチメント

バイブルサイズ[BRF3101]/ミニ6サイズ[PRF3101]


綴じ手帳の「NOLTY ネクサスバーチカル」から着想を得たそうで、月間ページと週間ページを同時に開いて確認することができたり、走り書き用のメモとして使ってあとから清書したりと、使い方の自由度が高いのが特徴です。



化成品リフィールも新登場!


最後は、紙製リフィールと一緒に登場した化成品リフィールもご紹介いたします!


インデックスヨコ6&扉

バイブルサイズ[BRF4001]/ミニ6サイズ[PRF4001]


リフィールの保護の役目も兼ねる、半透明な扉つきのカラフルなインデックスも新たに登場。プラスチック製のため、長期間使用してもヘタリにくいです。見分けのつきやすいカラフルなデザインとして、三原色であるマゼンタ・シアン・イエローを採用しています。


回転式ペンホルダー

バイブルサイズ[BRF4002]/ミニ6サイズ[PRF4002]


また、回転式ペンホルダーはペンを刺さないときは折り返して収納が可能。余計な厚みが出ないように薄く設計されており、記入時の凸凹ストレスに繋がらないようにしています。展開すれば太軸のペンも収納可能です。


どちらも、シールやマスキングテープを貼ったり剥がしたりしやすいので、お気に入りのデコレーションアイテムを少し持ち出すのに使っていただくのもおすすめです。


ぜひ、新登場の紙製リフィールと一緒に使っていただけたら嬉しいです!


▼オンラインショップ「JMAM e ショップ」で新リフィールをチェック!

23 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

これ、めちゃくちゃ良くないです……!?

個人的には、アタッチメントなしの分冊のみでの発売があるか気になります。

返信する
2024.04.11

個性的なシステム手帳リフィル、嬉しいです!ミニ6サイズ買いたいです。

返信する
2024.04.12

システム手帳は一度卒業しましたが、

これだけ魅力的なリフィルがあると

また復活しちゃいそうですよ~❗


分冊&アタッチメントタイプなんて

かなり好きな感じです🎵

返信する
2024.04.15

ミニ6の1日フリーダイアリーと週間フリーダイアリーバーチカルタイプがドンピシャです。CITTA週間✖️フランクリンデイリーな使い方がコンパクトなミニ6で!買うしかないこの新リフィールを!!徹底的におすすめして定番化してもらうしかないですね!!!

返信する
2024.05.01

右ページではなく、左ページに時間軸があるバージョンも見たいです!

返信する
2024.05.22