A6手帳のカバーに、合皮の文庫カバーを使っていたのですが。


見返しの段差が、気になる。

下敷きをしても、気になる。

weeksはソフトカバーしかかけてなかったから、そんなに気にならなかったんだけどな。

でも、weeksは本体の表紙がファブリック素材だったからソフトカバーだけでも質感あったけど、厚紙表紙だけの手帳にビニールカバーは安っぽすぎてちょっとな。

やっぱ外見は、本革は無理でも合皮にはしたい……


で。

閃きました。

厚みが気になるのは見返しだけなんだから、合皮にソフト見返し付ければいいんじゃん!


セリアで20x30cmの合皮を見つけたので、クリアカバーを解体したパーツを見返しに縫い付け。ポンチで等間隔の縫い穴を予め穿けておいたので、縫い目もまあまあ恥ずかしくない。

好みの太さのペン刺しを、逆さ持ちしても落ちないよう長めにとって、ゴムベルトも伸びたら簡単に取り替えられる場所に付けてみた。

背幅もぴったり、必要なモノは挟めて、ガバガバすぎることもありません。


筆記してみました。

見返し段差、気にならない!


まずは満足。

もっと工夫の予知はありそうですが、当面これでいけそうです。

4 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

ざっくりした縫い目がおしゃれですねー!

Mother目当てで使うあてのないほぼ日のノートを購入したので写真を見て思わず飛んできました笑

2022.01.17

手帳はうすかる さん、コメントありがとうごぞいます!

クリアカバー素材が、近く過ぎる場所に穴を開けると割れてしまうのでざっくり縫い目にせざるを得なかったのですが、デザインの一部と受け止めて貰えて嬉しいです💕

MOTHERいいですよね!型押しヌメが売られていたら、重くても買ってしまったかも!

2022.01.17