手帳カバー、暫定的簡易改造 ver.2 。

9

コメント:2件

前回、暫定的手帳カバーとして、本来ミネットフリーログについていたカバーをちょっとカスタマイズしたのですが……、


やはり今ひとつですねー。

ペン挿しは通常、右手で抜き差ししやすいように裏表紙側についてるんですが、私はペンを挿したまま他の筆記具を使うときに邪魔になるのでオモテ表紙側についてて欲しいんです。

ので、裏表紙側についているものを切り取ってオモテ表紙端に貼りつけたんですが、やはりダメですね。1回切り取って、素材が地続きではないから、ペンの重さに耐えられない。貼ったテープが剥がれちゃうとかじゃないのですが、表紙オモテ側にぱたっと倒れたり、持ち歩くときにぶらぶら揺れたりしてしまう。


ので。

ちょっと試しに、表紙横ではなく、上側に貼ってみました。ペン軸でなくクリップ部を挿すだけの幅を出して、残りはカバーにべったり貼ったので一体感が増してぶらぶらしなくなりました。

あと、ペン軸が幅にプラスされるより、長さにプラスされた方がすっきり感がある気がしたりして。


今年の自作カバーもとても気に入っているし、

もうひとつ作るならこんなふうにちょっとデザインを変えるのもいいな。


9 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

確かに書くとき邪魔だなぁと思ってました。

返信する
2022.11.03

ぽにょ さん、コメントありがとうございます!

そうなんですよー、手帳に挿したお気に入りの一本だけしか使わないのなら右側が便利だと思うのですが、

多色太軸のペンを挿したまま、今日はガラスペン使いたいなーとかイラストライナー使おっかなーとかすると邪魔なんですよ……!

左側のペン挿し、いいですよー。抜き差しなんて一瞬ですしね。

返信する
2022.11.04