手帳カバー、暫定的簡易改造。

15

コメント:4件

私の2023年メイン手帳はNoltyエクリ8(B6)です。


この手帳、中身のレイアウトはとても気に入っているのですが、如何せんカバーが真っ黒でいかにもビジネス手帳!って感じ。

でも気にせず買いました。今年の手帳カバーは自作のお気に入りで、来年のもそれを掛け替えるか、新たに作り直すつもりだったから、標準添付のカバー色なんかどーでもいいや、って。

が。


自作カバーって、表地と見返しを縫い付けるので、大きいんですよね。

商品にかかってる塩ビ?素材のカバーは薄いので、フチぎりぎりのところを機械で縫い合わせてあります。でも革の手縫い糸は太いし、素材が割れやすく縫い代も多めにとらなきゃなので、ヒト回り大きくなってしまう(私の手業が未熟だからですが)。

愛用の鞄が小さめなので、この一回りがけっこう響く。

自作カバーの手帳をルンルン使っていたときはそういうものと諦めていたけど、新商品と重ねて持ち歩いてると、この違いがけっこう気になるな……


作り直すにしても、素材とか、縫い合わせ方法とか、ちょっと考えよう。


考える時間稼ぎに、暫定的に使うカバーが必要になります。

多年手帳用に買ったミネットフリーログのカバーを借りよう。

とはいえ、ただ付け替えるだけではすみません。私の手帳カバーには市販品には少ない条件がふたつあって、

 ・ペン挿しがオモテ表紙側(開いたとき左側)

 ・裏表紙側に外ポケットがついている

必要があるのです。使い勝手的に、このふたつは外せないのです。


ので、

ミネットフリーログのカバー、裏表紙側についていたペン挿しを切り取ってオモテ表紙側に貼りつけ、

百均で買ってきたB6クリアホルダーをリサイズして裏表紙外側に貼りつけました。

単なる梱包用テープのベタ貼りですが、もとのカバーがオフホワイトなのもあって、さほど目立たない気がします。

当分は、これでよし!

ほんとはゴムバンドも欲しいけど、短期なら、まぁ、いいかな。


さてさて、どうすればミニマムで段差の少ないカバーを自作できるのか、またゆっくりと考えます。

貼り合わせ強度とか不安だし、あんまりのんびりもできないけど。


15 件のいいねがありました。

コメントをするには、ログインしてください。
会員登録がお済みでない方はご登録ください。

手帳を持ち歩く派と置いておく派でもカバーに求めるものが変わってきますよね。

奥が深いです🤔

返信する
2022.10.31

みゆきんこ さん、コメントありがとうございます!

ひとによって/用途によって/気分によって/その他によって、

カバーに求めるものって変わりますよね~。

すべてのシチュエーションを満たすカバーは存在しないので、私の試行錯誤もまだまだ続きそうです。

返信する
2022.10.31

ヨルカさんの赤い手帳カバー、ステッチが特に好きです…

育ててる過程もめっちゃ気になっていましたが、来年は塩ビカバーのカスタマイズからスタートなんですね…!

今後どうなっていくか楽しみです!

返信する
2022.10.31

手帳はうすかる さん、コメントありがとうございます!

ステッチお褒め戴きありがとうございます、私も今年の手帳カバーはお気に入りなので、お蔵入りさせる予定はないのです✨

来年のカバーも、塩ビのを1年使うわけではなくて、今年の「ザ・革の手帳カバー」と併用で「軽くて省スペース版」をつくるつもりなのです。塩ビはあくまで、暫定、なのです!

(塩ビもいい素材なんですが、DIY向けじゃないんですよね……圧着機械とかあれば別ですけど……)

返信する
2022.11.01